日本のマンガ

日本のマンガやアニメが、世界的な一大産業であり、

文化を創造しているという話は、よく聞きますが、

中1〜2くらいで、ジャンプやマガジンなどを卒業してしまい、

以来、あまりマンガを読むことなく過ごしてきました。

なので、その間のマンガなど、まったく分かりません。
「ワンピース」

「スラムダンク」

「ナルト」

「進撃の巨人」

「ドラゴンボール」

など、読んでいません。

最近は、「鬼滅」を読んでその面白さに驚いたりしましたが、

「ゴールデンカムイ」もすごいマンガだと思います。

(麥田さんも読んでるそう)

なにせ、舞台は明治末期の北海道です。

登場人物は、日露戦争の203高地の激戦の生き残りと、

アイヌの女の子。

なんというすごい舞台設定でしょう!

私は、ネットフリックスのアニメを見ているのですが、

当時のまだまだ未開拓の北海道の描き方、

なんと豊かなアイヌ人の生活でしょう。

アイヌ民族の神話的なものの考え方や、生き方や知恵が、

描かれていて、それだけでも感動します。

こんな高い文学性をもつマンガが、手塚治虫賞なども獲って評価され、

なんと2000万部近く売れている人気マンガだとは!!

こんな漫画が出てくる日本の漫画産業、漫画界、恐るべしです。

このレベルは、文化の蓄積がある日本じゃないと難しいのでは?

あと、「戦争は女の顔をしていない」(ノーベル賞作家の主著)という本が漫画化されてますが、

これもすごいことですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。