2023 Winter exhibition

冬物展示会に、たくさんお客様が来られています。

お客様がわざわざ来てくださるのは当たり前のことではなく、

展示会に行く価値があると判断してもらえるからこそ。

なぜ、お客様はインデップの展示会に

足を運んで下さるのでしょう?

昨日、同業者のアパレルアイの社長が来られたので、

展示室をご案内しました。

それで、私も改めて展示室を見て回って、

ちょっと驚きました。

驚きのポイント①

商品がいい。

魅力がある。

価値がある。

品揃えが素晴らしい。

と言うことなんだけど、それ以上に、

驚きのポイント②

見せ方が良い。

商品単体でというより、

ブランドの打ち出しで見せる。価値を伝える工夫。

コーディネートで訴えている。

場の雰囲気を作っている。

(イソライネのリンクコーデの見せ方!)

驚きのポイント③

ポスターやポップのクオリティ!

テーマを伝えている!

こだわりのポイントが価値になっている!

馴染んでいる!

空間がデザインされている。と言ってもいいし、

モノ売りではなく、まさに、コト売りに挑戦している。

お客様としては、この展示会の、何だかわからんけど良いんだよね、という

空気感を価値として感じてもらえています。

ご来社いただいた社長も、とても気に入ってくださったようで、

各ブランドのポスターやポップに見入って、なかなか動かれません。

しばらくしてから、おもむろに、ぱしゃぱしゃ写真を撮られてました。

そして、最後に、うちの社員にも見させたいので、

またお邪魔しても良いですか?

インデップの各ブランドの商品は当然ですが、

見せ方、コンセプトやテーマの打ち出し、ブランドの世界観などの

レベルがかなり上がっていると私も感じました。

イケるんじゃないですか!

能力高い人が多いと思いました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。