INDEPP BANGLA について

インデップは、日本国内を対象マーケットしています。

それに対して、日本以外の国とビジネスできないかというのが

そもそもの始まりです。

INDEPP BANGLAは、日本以外のマーケティングが目的です。

<INDEPP BANGLAの強みについて>

INDEPP BANGLAの強みは、KAZIさんです。

KAZIさんの人脈です。

KAZIさんはチッタゴンアパレル協会に所属していて、

チッタゴンのアパレル業界に、多くの人脈を有しています。

つまり、生産を受けてくれる工場には事欠きません。

そして、KAZIさんチームと言える、QCチームを有していること。

さらに、人脈を通して、お客さんを紹介してもらえることも。

<OEMかODMか>


OEMとは、お客さんの商品を生産させてもらうビジネス。

ODMとは、デザイン含め自社商品を買ってもらうビジネス。

インデップが仕事を出しているSKRさんは、OEMビジネス。

インデップは自社デザインの商品を販売しているので、ODMと言えます。

INDEPP BANGLAは、アメリカやヨーロッパのお客さんへOEMを提供しようと

考えていました。

KAZIさんの人脈が使えるので。

しかし、その前に、まずは、自社デザインを売ってみたいと思います。

現在、SKRの顧客は、アメリカのキッズアパレルが主なのです。

だったら、もしかしたら、イソライネキッズ提案できるんじゃないか?という発想。

(デザインだけ提案)

まずは、キッズですが、イソライネやシュエットのジャパニーズテイストを

提案してみたい。

その場合、素材、カラー、サイズなどは、お客様の要望で、

かなり変わってくるかもしれませんが、あくまでINDEPP BANGLAのODMとして、

チッタゴンで生産するというものになります。

INDEPP TEAM

<ODMビジネスをススメるなら>



まずは、SKRのお客さんや、KAZIさんの知り合いを紹介してもらいますが、

その先にあるのは、

ブリコ、イソライネなどのODMのマーケティングに挑戦する、展示会ということになります。

展示会で、交渉し、契約を取るのは、なかなかハードかもしれません。

まずは、バングラディッシュでの展示会。

その先に、香港、シンガポール、アメリカやヨーロッパ。

そうなると、ビジネス英語は必須なので、

このビジネスに挑戦したい人は、英語の勉強をしなければなりません。

これからなんとか、

グローバルマーケティングに挑戦し、

結果を作れるよう、挑戦していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。