バングラディッシュのIKR

新しいIKRの工場

バングラディッシュの取引は、13〜4年になりますが、

現在は、もっぱらダッカから飛行機で1時間ほどの、

チッタゴンの工場ばかりです。

以前、メインでやっていたアディラで、

偶然にカジさんと出会って、関係が太くなってきました。

アディラでいろいろと問題が起こって、

カジさんに新しい工場を探してもらい、

現在はIKRとの取引がメインになっています。

カジさんとしては、お世話になったアディラから、

IKRという新しい工場へ、転身してくれたわけですが、

苦渋の決断でもあったろうと察します。

IKR工場のユニークさ 1

アディラの工場は比較的港近くにあって、

決して大きな工場ではありませんでした。

一方、IKRは、アディラと比べて、もっともっと小ぢんまりして、狭い、

小さな建物の印象です。

街中のロケーションで、

こんな狭い建物で、700人も働いているのかな?と。

しかし、工場内は、とても掃除が行き届いています。

きれいです。

またどこも明るい。

(謙吾さんが、ルクスを測って、明るさを指導したそうです)

扇風機がたくさん設置されていて、涼しい。

働いている工員さんたちの表情も明るい。

笑顔率高い。

この辺は、カジさんの影響が色濃いはず。

ここで働いている人はハッピーじゃないでしょうか?

(工場で全員につくられるランチも好評だそうです)

IKR工場のユニークさ 2

カジさんは、IKRにインデップの生産の拠点を移すために、

いろいろ骨を折ってくれています。

まずは、生産管理スタッフ中心に、

なんと200名をアディラから連れてきました。

IKRの社長も謙虚な人で、

従業員の給料が払えれば、それ以上儲けなくてもいいって!

IKRの社風は、カジさんもだけど、社長の人柄が出ています。

IKR社長↑

インデップの社長が初めて来るぞということで、

工場の狭い入り口に、レッドカーペット。

そして大きな花束をいただきました。

(花束、商談室の棚に忘れて帰ってしまったけど)

謙吾さんの偉大な貢献の片鱗  

工場内、狭いのですが、明るくクリーンな感じ。

ちょうど、SMのボアジャケットなど作っていましたが、

安心感も感じます。

(カジさん↑SMジャケットを手に)

特に検品エリア。検品担当者(アディラから)が、

熱心に説明してくれました。

検品エリアは、5つのパート(5STEP) から成っています。

①   インサイドの検品エリア

  商品の内側を検品します。

②   アウトサイドの検品エリア

  商品の外側

③   メジャメントとアイロンのエリア

④   OIL MARKやDIRTなどのチェックエリア

  メジャメントも再度

⑤ ファイナルチェックエリア

  袋入れなど

カジさんの説明によると

アディラからIKRへ生産を移す際、

藤井謙吾さんから、指導されました。

藤井さんは、とても心配していました。

(お察しします。この工場、今ではとてもきれいですが、

 きっと、藤井さんが最初に来た時は、とても仕事を出せる状態ではなかった)

素晴らしいファイナルQC、そしてIKR

最初のオーダーは、1万枚限定。

その結果、藤井さんからは、この品質では無理と。

それから、

藤井さんとカジさんで2人三脚の、工場改革を

やったのです。

最終検品エリアの5ステップを作り上げたのです。

カジさんは、藤井さんの厳しい要求に

応えるために、諦めず行動しました。

厳しい謙吾メソッド + 諦めないカジさんのスピリット

によって、現在のSKRが作られたということが

よく伝わりました。

まあ、小さな街中の汚い建物ですが、

工場の質は、第1級です。

SMの商品でも生産できるのですから。

カジさんが、200人のスタッフを連れてきたのは、

このIKRを作るために、必要だったのです。

カジさんは、今のいKRになるまでに、

謙吾さんが、細かいところまで、いかに厳しく指導したかを

とても嬉しそうに説明してくれました。

謙吾さんとカジさんと、誠実なIKR社長の3人がそろって、

初めて、この奇跡のようなIKRが生まれました。

こんなことは、なかなかありません。

インデップは、素晴らしい工場に恵まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。