Clothes Make People

創業の精神

故郷の母に着てもらいたい服

高度成長の波は、地方都市福山にも確実に及びつつあった。
国鉄福山駅周辺も商人たちで連日賑わっていた。
駅前の繊維ビルに、わずか3坪だが空きが出た。
15歳から親元を離れ、住み込みで働いてきた政善にとって、
それは2度とないチャンスに思えた。
昭和37年9月、多くの人に支えられて、双和商店は創業した。
故郷の岡崎から仕入れるニット製品を中心に雑貨を扱う前売り問屋だった。
不安も心配も尽きなかったが、やってやるぞと不屈の気持ちが滾っていた。
政善は、お客様に喜んでいただくために、新しい衣料品を求めて挑戦を続けた。
新たな仕入れ先を求め、新たな工場を求め、新たな素材を求め、
追求し続け、あきらめることはなかった。
そして、次第に婦人服に特化していき、成長期をつくっていく。
それは自分を故郷から送り出してくれ、いつも見守ってくれているお母さんに着て欲しい、
お母さんに恩返しがしたいという思いの現れでもあった。
創業者の母親へ恩返しをしたいという念いは、事業を成長させていった。

PAGETOP
Copyright © 株式会社インデップ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.